シンチャムトッポッキ、5種類の特製ソースでトッポッキ味を差別化

シンチャムF&C(代表パク·ジェソク)のシンチャムトッポッキが「21顧客感動大賞」でフランチャイズ部門大賞を受賞した。

“2021顧客感動経営大賞”

シンチャムトッポッキは04年2月、大邱西区内堂洞(テグ·ソグ·ネダンドン)1号店から始まったトッポッキフランチャイズブランドだ。 毎年30-40%規模を拡大し、最近は韓国内340号店契約を締結するなど、会社の規模を積極的に拡大してきた。 新参·タルチャム·スンチャム·古参·激辛の5種類の特製ソースで、差別化されたトッポッキの味を出すと評価されている。 甘辛いスープトッポッキを中心に揚げ物、食事など約50種類のメニューを揃えている。

トッポッキを予め大量製造せず、注文受付と共に即席調理するという点が長所だ。 そのおかげで、食材の豊かな味と風味を感じることができると会社側は説明した。 業界最高の収益率を目標に、流行に敏感でないトッポッキを販売するという目標だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。